10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Bancho's blog

同人サークル「Key Gift」の星乃番長による活動日記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

心神と芳佳 

スト魔女と飛行機シリーズ、今回は今年初飛行の予定と言われている、先進技術実証機「心神」を描きました。

心神と芳佳
スポンサーサイト

category: イラスト

cm 2   tb 0   page top

コメント

艦「ステルス戦闘機心神といいフレアを無効化する空対空ミサイルといい”あきづき”型護衛艦といい”そうりゅう”型潜水艦といい我が国の兵器はずば抜けた性能があるな」
副「海自の潜水艦なんて米艦隊と模擬戦して駆逐艦を撃沈してゆうゆうと戦域離脱してますからね」
艦「潜水艦といえば、最近は潜水艦に夢中だな、檜山良昭さんが書いた大逆転シリーズの大逆転レイテ海戦を読んで海自潜水艦に惚れたって言ってたからな」
副「潜水艦といえば蒼海のヴァルキュリアってゲームがなかなか面白そうですよね」
艦「エロゲーだがな」

海上自衛隊の潜水艦“ゆきしお”は東シナ海の深度300mの海中でじっと息を潜めて停止していた。海中に宙吊りになり、推進機を回転しないで停止した状態、専門用語を使えば懸吊状態である。もうこの海域で哨戒任務に就いてから一週間経つが自衛艦隊司令部からは帰還命令も無ければ移動命令も無い。艦内はこそりという物音もしない。ときおり発令所でおしころしたような話声が聞こえるだけで艦内は平凡そのものだった乗員の三分の一程度が持ち場に就き、ほかの者はベットで本を読んだり寝たりしている。エアコンの通風孔から涼しい風が吹き出ているがそれでも蒸し暑い、それでも空気清浄機が絶えず新鮮な空気を送り出している。それでも潜水艦特有の臭気がこもっている。早く浮上して新鮮な外の空気を胸一杯に吸いたい。配置に就いている乗員たちからはそんな表情が見えている。この潜水艦は“ゆうしお”型9番艦“ゆきしお”の名を受け継いだ海上自衛隊の最新鋭の通常動力潜水艦である。基準排水量は3000t、全長95m、全幅9.5m、海上自衛隊が戦後建造した最大の潜水艦である。この艦には日本の潜水艦技術の粋が結集している。“ゆきしお”は通常動力潜水艦では信じられない750mという最大潜航深度を達成した。兵装は両舷に3門ずつ魚雷発射管を持ち、対潜対水上艦艇用の89式魚雷と潜水艦発射型対艦ミサイルハープーンを装備している。これらの魚雷やミサイルはコンピューターを利用した水中攻撃指揮装置によって運用される。

艦「潜水艦妄想が激しいな」
副「青春ですね」
艦「青春っているのは艦これの高雄の中破絵を言うんだよ!」
副「・・・」
艦「サーセン」
第5護衛艦隊 #- URL [2014/06/29 00:29] edit

Re: タイトルなし

愛宕の中破絵もいいですよ(笑) 
現在の潜水艦もやはり艦内の環境は悪いのですね。
第二次大戦時よりはマシなのでしょうけど。
星乃番長 #- URL [2014/06/29 19:20] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bancho577.blog.fc2.com/tb.php/39-3b6a3d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。